2010年01月27日

Go to !

しつけ教室から『ダキの正面と横向きの写真を下さい』と言われたので
背景が綺麗な方がいいから・・・と、夫と共に伏見城まで張り切ってカメラ持参で行ったのですが。



・・・。


カメラのバッテリーを入れ忘れてしまいました。



ほんと、自分が嫌になります。
しょっちゅうだけど。



たまたまバッグに入っていたトイデジで撮ってはみましたが
PICT0001.JPG
表情見えず。



正面の写真も
PICT0005.JPG
粗い、粗いっ



まあ、気を取り直して(早っ)
いつもと違って一人の散歩じゃないし、クリッカートレーニングをしてみました。



『Go to』
ハンドラーじゃない人のところに行く練習です。

私が「Go to」と言って、指をさした人のところに行ったら『立ってマテ』
(バッテリーが入ってない、使い物にならないカメラを首に下げているのは夫)


それから『Go with』
その人について歩きます
PICT0010.JPG

こういう動きのあるコマンドはわりと得意なはずです。

苦手なのは

なんと言っても

『エイム』
指示した所を見るというコマンド。

指示ポイントに鼻を付けようとしたり・・・
PC022123.JPG
ダキ「んぐぐ。」


アイコンタクトの習慣が抜けなかったり・・・
PC022124.JPG
ダキ「頑張って見てますけどなにか?」




コマンドの練習は、結構疲れるみたいなので、退屈そうな時にいいですね。
PC212164.JPG




帰り道
ほんのちょっぴりなのに草が生えてると念入りに臭いをかぐダキ。


どのくらいちょっぴりかというと

このくらい

比較対象が必要ですか?
ならば、これで。

(右足の付近に草があるんですよ)


犬が興味を持つものって不思議ですよね。



posted by シズ at 20:34| Comment(10) | 一発芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

あいべい

いつものチャッピーちゃんとピルロちゃんと遊ばせてきました。
P1192209.JPG
ブルーの服がチャッピーちゃん。
赤い服がピルロちゃん。
はだかんぼうがダキです。


チャッピーちゃんを遊びに誘うはだかんぼう。
              ↓
P1192205.JPG


んで、追いかけっこのはじまり。
P1192206.JPG

ダキは体重7キロ。
生食に切り替えた頃は吐き戻したりでガリガリでしたが
半年足らずで0,7キロも太りました〜☆

そのせいか、暖かかったこの日、ダキは終始「はぁはぁ・・・」
P1192203.JPG



ダキ、前脚チョイチョイ
P1192221.JPG

チャッピーちゃんもチョイチョイ
P1192227.JPG



ピルロちゃんも珍しくダキの周りをちょろちょろ・・・
P1192214.JPG
普段は、ダキからの挨拶が遊び目当て以外に無いのを知ってて、
「私は遊べないから・・・」と思って、ダキに近寄れないのかなぁ。
体格差、かなりあるしね。


挨拶を楽しんでゆっくりできるようになるといいんだけど、まだちょっと元気すぎてごめんね。
P1192213.JPG



チャッピーちゃんも疲れてしまうとダキは放浪の旅へ。
いくらダキでも初対面の犬には、わりとソフトです。
が、
何度か挨拶してるうちに飛びかかるフリなどをして遊びに誘います。

P1192225.JPG

P1192222.JPG

P1192218.JPG

上手に挨拶できました♪



posted by シズ at 11:33| Comment(2) | ドッグラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

ハードマウスなのかな

タイトルとURLを変えて再出発いたします。
何卒、よろしくお願いいたします〜☆


んで早速、ダキの近況です。


ダキは生食です。
前夜に翌日の分だけ、冷凍してある食事を計量して、冷蔵庫でゆっくり解凍します。
んで、手が滑って大量に翌日の分を床にぶちまけてしまいました〜!

手で取れるほどのカタマリは回収しましたが、なにぶん「生!」
一度床に落ちた生肉を手でこねまわすのもなんなので
ここは『掃除機ダキ』にお助け〜〜〜!


赤いポツポツが、生のミンチです。
P1032170.JPG
ダキ「はりきりましょうか。」


でも、こんなごちそう、戸惑いますね。
普段、落ちてる物を食べるとしかられます。
何度も何度も何度も何度も・・・私の顔を見て、「オスワリ」しては、確認してました。
P1032171.JPG
ダキ「怒ってないですよね。」

・・・「そんなことより、さっさと片付けなさいよむかっ(怒り)←結局怒ってる?」




ダキは『ハードマウス』です。
別にお医者さんから診断されるようなものではないので、私がそう思ってるということなんですが。

「ハードマウス」で検索すると、ディスクドッグのブログなどが良く出てきます。
すぐにディスクが歯形でボロボロになってしまうそうです。

ダキはディスクに興味は無いので、それについてはよくわかりませんが、
人からもらうオヤツに対してハードマウスなんです。

同じ教室の方からも「ダキちゃん、歯が固い・・・っていうか?」
・・・なんて言われます。

はい。
オヤツをあげると思いっきりイタイ事が多いっす(汗)

ハードマウスというのは、物をゲットしようとして噛む、
その『「つい噛む力」が強い』という癖のようなものです。
最近は、遺伝的な物だと言われてるらしいです。イアン・マッコート先生がおっしゃってました。

犬種としては、レトリバー種に多いそうです。
治らない、もしくは非常に治しにくいレベルの「癖」です。


ただし、日々のしつけの中で、少なくともダキは
私が与えるオヤツについては舌を使って得ようとするようになってはいます。
指で持ったオヤツをあげる時に、指をくわえるほど歯を開かない事と、指に舌が当たるようになってからオヤツを渡すようにしています。

でも、他の方からは全然ダメ。

せめて、ダキにオヤツをあげて下さる方、
ダキの顔より低い位置であげてやって下さい。

私の観察によると、(少なくとも)ダキに関しては
鼻先より低い位置でオヤツをあげると舌を使って物を食べようとします。

鼻先より高い位置でオヤツをあげると、飛びついて食べようとしたり、
舌よりも歯が先に出たりします。

とはいえ、ダメな面ばかり見ないようにしたいものです。



このハードマウスは、「興奮のバロメーター」になります。
私からオヤツを得てる時に限ってですが、ハードマウスになる時は
間違いなく興奮して、指を噛んではいけない事を忘れているのです。

ドッグラン等でダキの状態を見極めるのに役立ちます。




皆さんの愛犬はいかがですか?
ほんと、何かとヤンチャで困ったダキですね。

しかし欠点も、理解できる者こそ飼い主をおいて存在しません。
ダキと一緒に欠点をあきらめず、精進したいと思います。


こういう努力もしています。
これは、ハードマウスを直すというより、食べ物の執着を取る訓練にいいかもしれません。
P1152178.JPG
ゴハンをお箸でちょっとずつあげています。
ゆっくり食べられるように。
そして、資源(ゴハン)は私の管理下にあると伝えるように。
(ダキは元々、「アウト!」のコマンドで食べてる物を吐き出すくらい、(私に対しては)食べ物に執着が少ないコではあるのですが。)

P1152180.JPG
鼻先より高い位置であげると、舌より歯が先にきます。
でも「ゆっくり」というと、少し躊躇。でも舌が出るのは、おっそい!


P1152192.JPG
ダキ「お望みの舌です」






リラックスしたらクレートでヘソ天
P1172202.JPG




posted by シズ at 00:58| Comment(4) | ゴハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。