2010年10月22日

音を怖がる

2歳半を過ぎた頃からでしょうか。

もうどんどんどんどん・・・

音を怖がるようになってきています。
(そんなわけでマジメ記事です)





最初、あれ?と思ったのは、TVの効果音。
特にアメリカのドラマの低音が効いたBGM。
ソファで私にうっとりと夢見心地でなでられていたダキがふと眠そうに腰を上げ
よたよたと尻尾をめいっぱい巻き込んで家具の下に隠れてしまったんです。

はじめは私になでられるより、離れたところで本気で睡眠したくなったのかな?
それとも、私たちがドラマに集中してるからつまらなくなって、離れて爆睡しようとしてるのかな?
と思っていましたが、これが週に一回このドラマを見るときのパターンだと気付いた時に

あ、音がこわいのか。ってやっとわかりました。


それ以来、ちょっとずつちょっとずつ
そしてどんどんどんどん
怖がるそぶりを見せる事が増えてきています。

今、一番恐れているのは踏切です。
散歩コースの踏切の位置は一度通ると把握してしまうので、踏切の300mくらい手前でも
もう踏ん張って歩かなくなってしまうくらいです。

とはいえ、まだ全然怖がらなかった頃のコースを久しぶりに歩いた時は踏切もフツー。
たった3ヶ月前は、どのコースでも、そして開かずの扉の長〜い踏切でもいつもと変わらずいられたんです。
でもきっと、この今平気な踏切でも「カンカンカン・・」という音や、電車が「ゴーーーッ」と通り過ぎるのを一度でも経験してしまうと
もうそのコースもフツーには歩けなくなるでしょう。
いや、経験しなくても、次はダマされないかもしれません。

私が「この音に怖がってるのだ」と気付いてあげられる場合もあれば
怯えの原因が音なのか、あるいは別の物事なのかさえわからない場合もあります。
そんな風に恐れを抱いて生きていくのはしんどいでしょうね。



『それは飼い主に対する信頼関係が希薄だから起こる。
信頼している人間と一緒にいるのに、なぜそんなに怖がるのか。
飼い主を心から信頼していれば、怖がる必要がないのに。』

なんて言われて悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私は実際、ダキに悩むたびにそういう解説を受ける事が多かったし
音響シャイにかかわらず、インターネットで悩みを検索しても、
信頼関係の一言で済まされてる場合が多いと思いませんか?

飼い初めの頃などは特にその言葉を重く受け止めすぎて、悩む事が多くありました。

ダキと同じ状態のワンコを持つ飼い主さん達は
少なからず自分を責めたりして、悩まれる事もあるのではないかと勝手に推測します。

信頼関係・・・全くそのとおりだと思います。
音響シャイは遺伝的な要素も多分にあるとわかっていても。です。

ところが「信頼関係」と一言で言われてしまうのって、なんて辛いんでしょう。
だから、どうしたらよいのかを助言して下されば全く違うのに。

そしてもうひとつ思う事。
生後だいたい4ヶ月で犬の性格が決まるということ。
問題行動を、全てそれに関連づけしてしまいがちなこと。

これも、その通りといえるのでしょう。
しかし、その考えが強すぎる為に、
成犬になるまで何も教えられずに育ち、手が付けられなくなった時に
「もう遅いから」と言って放棄される犬達が後を絶たないのかもしれません。

個体差はあれど「大人になっても、そして死ぬまで学習し続けるのだから」とか、
程度に差はあれ、「手遅れはない」などと、
そう言って
飼い主に自信を持たせてくれる人が身近にいれば、放棄犬は
もしかしたらすくなからず減るのかもしれないと私は思うのです。





さて、ダキの音を怖がる話に戻りますが
キッチンで洗い物をしたりして、シンクにボトッと何かを落としたりすると
その音に驚いて飛び上がってちょっと逃げ惑います。
そして、ずーーーっとソファに隠れてこちらを伺ったりします。
IMG_0628.jpg←さてダキはどこに?
こんなこと、ウチに来たときから毎日繰り返されているのに、
何で急にこうなっちゃうんでしょうね。

ある時、おそらくなにかをきっかけに芽生えてしまったのです。
もしかしたら、遺伝的な物かもしれませんが。



だから私、
信頼関係を見直して、ダキが安心できる飼い主になるように頑張ります!





・・・って、
それって結局具体的に何をどうするつもりなの?


・・・と思いませんか?


うーん。。。どうしましょう。。。
踏切を克服するとか、TVのBGMを克服するとかいうのは、一個ずつ地道に気楽に様子を見ながらやっていくしかないですよね?
カーミングシグナルの見る目やカンを養って、
電車を怖がらない境界線を見極めるとか、境界線で一緒に電車を眺めてみるとどんな感じか、境界線でオヤツ食べてみるどうか
抱っこして落ち着くか、落ち着いたら近づけるのか、そのへん良く観察するとか?


安易に徐々に近づけるのも要注意です。
だって、
怖がってる事を無理強いするのは、犬にとって罰を与えられてるような物なんじゃないかと思ったんです。

てことは、
電車を見たら、電車に近づけられる→電車が見える場所に行かないようにしようとか
電車が見える場所でオヤツを食べたら、また更に1歩電車に近づけられた→オヤツは食べない。そして電車が見える場所に行かない。
ってことになって、するってーと、境界線がますます広がって、え?もはや音関係ないじゃん!
というところまでいってしまいそうな気がします。

だから、今は、ただただよく観察して、無理強いは絶対にしないように気をつけることかなって思いました。
どこからが無理強いなのか?そういうことも観察したいです。

「もはや音関係ないじゃん!」な距離でイヤイヤをした時、ちょっと抱っこして歩いてみたら、下ろした時に前に歩いてくれるかもしれないし、
とっておきのオヤツでテンションをあげたら、少しは前に歩くかもしれない。
でも、そういった子供ダマしも度を超すと無理強いになるのでしょうか?
観察が足りない今はそのへんがまだ良くわからないので、あまりやりすぎないでおきます(開き直り☆)

それでも、嫌がる場所で引き返すようにしていると、数日後には「もっと長くお散歩してほしいから踏切も渡ってみよう」
とかんがえてくれるかもしれないじゃないか?
なんて思ったりします。
あるいは、無理に行かなくていいんだとわかれば、「行けるところまでだったら挑戦してみようかな?」
と考えてはくれないのかなぁ。

とにかく。
良く観察する事で、打開できるかもしれないと思っているし
ダキにあったレメディだってピンポイントで見つかるかもしれないし。
しかし、レメディって、なんか微妙ですよね?
お値段はしっかり高いのに、「ほんとにこれで合ってるのかな?」って思うことありますよね。
それについても、よーーーく観察する目を養えば、きっと自信を持って与えられるレメディが見つかると思います。
プラセボ効果ってありますけど、飼い主が自信を持って与えるレメディなら、何でも効いちゃうってこともあるかも・・・?




観察したあとは、どうしましょう。
観察できるようになってから考えます(爆!)


私には、いつでも素早く具体的に答えてくれて信頼しているドッグスクールのミキコ先生達やその仲間達がいて、
近所には優しいお友達がいます。
ジャック仲間も似たような悩みを共有しているし、
みんなから自信をもらって、明るく楽しく面白くがんばることができるのだから。


IMG_0620.JPG
散歩コースの水門が開くと、どおおおおっとスゴい音がして、大量の水が流れていきます。


IMG_0623.JPGなにか?
今のところダキは、この音には反応しません。





こういった記事では「思います」とか「でしょうか?」といったあいまいな表現で文章を作っています。
私はトレーナーではありませんし、それを目指すものでもありません。
わからない事だらけのシロートだからです。
間違った解釈もあるものとして、この記事を読んで下されば幸いです。
正しい助言があれば、具体的にコメントくださると助かりますし、励みにも勉強にもなります。






posted by シズ at 15:39| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。偶然ジャックブログを読んでいたらたどり着きました。何かを怖がるって我が家と同じなので思わずコメントしてしまいました☆

我が家のKIKIは、喋る自動販売機を怖がって大暴れ。大脱走された事があります。

我が家の場合人間である私以外にもキキには強い仲間がいます。ボスであるHanako、ゴールデンのお母さん的存在Sakura、兄弟のTotoro。彼らが一緒でも怖いものは怖くて…。

人間の事を安心してないんじゃないか…とか、考えた事もあったんですが、同じ犬同士、皿にどっしり構えているボスが一緒でも同じなので、そういうもんだ!とうちは開き直っています笑 子供に教える仕事をしていますが、プラモデルが好きな子もいれば野球が好きな子もいるからそれと同じなのかな?

怖がるのがKikiなのかな。。。っと思っています。

我が家はKikiとTotoroが変な子達なのでまともにお散歩をしている人々がうらやましいです笑
Posted by Hanakotty at 2010年10月22日 18:29
そう、私も信頼関係なのかなぁと悩んだ事がありました。
でも、怖がる音を怖がらなくなったり、急に怖くなったりするので、
信頼関係ってあんまり関係ないかも…と最近は思います。
雷はもうずっと怖い音ですが、卵のパックを開ける音、
ラップを切るときの音、クッキングシートを切る音、
これらは以前は怖がってたのに、今は全然平気になり、
その代わりに、虫の羽音が怖くなり、蚊を叩くパンと言う音、
破裂音(パスタのパとか)を去年くらいから怖がり、
これは飼い主以外のTVからの声でも怖がるし…。

克服するけど、でも他のが怖くなるので、その音を聞いたときの、
犬の心理状態とか、そういうのも関係あるのかな〜と思ったりします。

なので、家では、雷なんかを怖がってる時、あまり大袈裟に
ヨシヨシしたり、気にかけないようにしてます。
写真撮って、面白がったり(笑)後はもう知らんぷりです。
だからかどうかわかりませんが、以前に比べて雷が鳴った時、
あまり怖がらなくなったように感じます。

確かにしっかりと犬の様子を見る。と言うのは大事だと思う。
シズさんの記事を読んで、また改めて「ちゃんと見てあげなくちゃ」と
肝に銘じました(←大袈裟 笑)
Posted by キャメリーナ at 2010年10月22日 20:08
書き忘れたけど、知り合いのトレーナーさんのパートナー犬も
5歳くらいから雷が怖くなった子、6歳過ぎから虫の羽音が怖くなった子、
2〜3歳から他の犬がダメになった子など…。
年齢がますとともに、急に怖がったり、嫌になったりと。
トレーナーしてる方の犬もそうなんだから、信頼関係が問題じゃないよね?!
Posted by キャメリーナ at 2010年10月22日 20:12
☆ちょっと補足します☆

私、この記事をダダダっと打って、ぽいぽいってアップしてしまったので、
今日になってなんとなく読み返してみたら「ものすごく支離滅裂じゃないか!」びっくりしました(爆)
何がいいたいかというのは、文章があまりにも支離滅裂で本人ですら
「一本化できません(爆)」が、

いくつかあるうちのひとつは

「よい信頼関係」という言葉は、私のような経験の浅い、試行錯誤の愛犬家への助言には向かないほどとても奥深い言葉だし、なんといっても、状態を示す抽象的な言葉でしかないのではないかと思ったという話です。
なので、その言葉についてだけを深く考えたり悩んだりしないで下さいね。

ということなのです。

それよりも、うんと観察する事でなにかヒントが見えてくるかもしれないし
漠然とした質問には漠然とした答えしか貰えないので
うんと観察して、悩みですら的確な状態にすれば、人に質問をしても
わかりやすい回答が得られると思うということが言いたかったんですよね。

私はダキが2歳くらいまではめちゃくちゃ悩める愛犬家でしたので
同じような方がいたらと思って記事にしました。


※ Hanakottyさん、キャメリーナさん
コメントありがとうございます〜
まだちゃんと読めてないのですが、今から慌ただしくお出かけしますので
落ち着いたらじっくり読ませて頂きます〜〜〜♪
お返事もしますね☆
Posted by シズ at 2010年10月24日 11:51
●Hanakottyさん

コメントありがとうございます〜!
はじめまして〜!

Hanakottyさんのブログも拝見致しました☆
暇人ですので、前の記事もゆっくり読ませて頂きますねー。
こちらにも時々いらして下さいな♪

犬にはとても反射神経が付いて行けませんよね。
なので、いきなりの脱走に対応しきれないお気持ち、わかりすぎちゃいます。
ていうか、4頭飼いですかっ(汗)
それは賑やかでたのしそうな♪
同じ人間と同じ屋根の下で暮らしても、十頭十色なんですもんね。
個性を楽しんで暮らしていくのが一番ですよね!
Posted by シズ at 2010年10月26日 23:36
●キャメリーナさん

そうそう、「パスタ」の「パ」!
小力くんの、積極的に人の会話を聞こうとするところにビックリしたものですよ〜。
でも、会話を怖がるって、大変かも。
アンパンマンマーチが、うっかり口ずさめない〜!
いや、ちょっと口ずさむぐらいなら問題はありませんね。最後のフレーズを熱唱したくなった時のみです。
パピヨンは、これから何て呼びましょう?
あ、賢い小力くんは「パスタ」の「パ」だけに反応でしたか。
今後は「ママーのうどん」にしましょうか。

音響シャイは放っておくと忘れることもあるんですね。ふむふむ、メモメモだっ!
私も夏休みの自由研究だと思って
おもしろがって観察してみたいと思います!

記事にしたのに、私ったら信頼と愛情の線引きがあいまいだったりするヤツなんですよね〜。犬と愛情で結ばれるとか信頼で結ばれるとか、各々微妙だと思いませんか?
というより、信頼関係って、こう、なんていうか、
観念的というか、人に助言するにはあまりにも、助言の為の情報が少なすぎる言葉だと思うんです。
だから、問題や悩みをその言葉でまとめては自分を責めても結局、消化不良に陥るだけで悩みがちです。
だから、「これって信頼関係が問題?」と自分で思うときに、そう思った行動をつぶさに観察していけば、愛犬への理解が進むしだろうし
それの積み重ねが、信頼関係に繋がっていくんだと思いたいところです。

いろんな犬がいるし、人間だっていろいろで、人が犬に対してイメージする信頼の示し方を自然に全部出来てしまうコって、そんなにいないと思いますもんね。特に教えてないのにウチのコ全部で来てるって方は、無意識でも犬にわからせることができる素晴らしい飼い主様だとおもいます。
初心者の私と人間が苦手な(だった)ダキは、いちいち意識しないと無理です。
意識する為には、具体的な助言がありがたいものだし、自信を持たせてくれる助言がありがたいです。
自分の犬に対して自信を失わせない事が不幸な(放棄)犬を減らすことにも繋がりそうなきがします。
Posted by シズ at 2010年10月27日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。