2010年12月06日

ダキがガウガウってなる時

昨日はオフ会とかクリスマス会とか盛りだくさんだったので、その写真をアップしたいところですが
ちょっと頭を整理したいことがあるので、備忘録としてガウガウなダキのことを記事にしておきます。


ダキはジャックラッセルテリアの男の子として、それなりにガウガウってなります。
鼻にしわを寄せて、前歯を見せて、時には小さく唸り、それから相手の犬に飛びかかって行く・・・
私がこの記事の中で使うダキのガウガウ状態とはこういった行動の事のことを言います。
もちろん、プロレス遊びの事もガウガウって書くこともありますが、この記事では、威嚇の行動について使います。


ダキがガウガウとなる場面にはパターンがあります

1)初対面の犬とバッチリ目と目が合って、うまく視線を外せない時

2)ボールなどを取り合った時

3)水を取り合った時

4)地面に落ちたオヤツを探している時に他の犬が寄ってきた時

5)私がダキにオヤツをあげようとしてる時に他の犬が寄ってきた時

6)とっても疲れてる時に、ウチの車に他の犬が入ろうとした時



1)以外は全部、物や場所を守ろうとした時です。
ていうか、1)も結局、自分の“守るべき”スペースを侵されたって思ってガウるんでしょうか。
4)5)6)は最近の観察で発覚した事です。



ではランや散歩でガウガウしないために私が何を気をつけているかというと

1)散歩では、初対面の多頭飼いの犬とは挨拶させない。
  (多頭飼いの犬と挨拶させると、どうしてもダキが犬に挟まれる形になります。
   そうなるとリードも繋がってるしで、逃げ場が無くなってガウガウ状態になりやすいんです。)

  他の場面では、挨拶の時に上手に目線が外せた瞬間に「グッド」と声をかけてほめます。
  鼻にしわを寄せた場合は「ノー」と声掛けしながら名前を呼んで
  ちょっとダキの体の向きを変える感じに呼び寄せて、相手との視線を外すのに力を貸したりします。

  それでも上手くいかないときは、間に足を入れたりして無理やり相手との視線を外しながらリードを付けたり
  呼び寄せたりしながら場所を変えます。他の犬と少し遊んだりして気分を変えたら、後でまた挨拶してもらいます。

2)オモチャを守るための威嚇は、相手の犬と少し遊んだりして、力関係がハッキリしてくればしません。
  ダキが興奮状態で他犬のボールを追って行くようなら、すぐに呼び戻すか捕まえるかしてボールに執着しないように気をつけます。

3)水は・・・ダキは水遊びが好きなので、オモチャを守るのと同じ感覚です。
  興奮しすぎないように、執着しすぎないように呼び戻したり係留したりします。

4)ダキの、飛びかかる以前の威嚇で他の犬が離れれば、そのまま臭いをかぎ終えるまで待ちます。
  そうでも無さそうな場合はリードを付けて、場所を変えます。

5)これは私がいけません。私のせいです。
  オヤツはダキが他の犬とそれなりに仲良くできるまでは他の犬にはあげません。
  アレルギーや体重管理の心配もあるし。

  他のコにあげるときは、他の犬よりもダキの目を見る時間をうんと長くします。目が合ってると、ダキはわりと安心しています。
  1個だけ、さっとあげたり、1個を米粒くらい小さくちぎりながら分け与えて、
  終わったら「終わり」と言って、さっと立ち上がって場所を変えます。
  3頭以上いるとうまくやれる自信がないので、犬を集めてオヤツ大会ってのは私は苦手です。
  でも、オヤツを共有できると、ダキはわりと他の犬達と仲良くできる気がします。
  ほかのひとがくれるオヤツは、まあまあ上手に待ててる様です。

  オヤツはダキの好ましくない事への執着から引きはがしたりと、
  問題行動を最小限に止めるために今の時点ではなくてはならない物なので
  持って行く時にはファスナー付きのバッグにしまったり、犬が取れないようなポーチに入れたりしています。
  私が持ってるオヤツでも、自分の物として守ろうとしてほしくないので、
  境界線をハッキリさせるためにも、オヤツは「OK」と許可を出してから食べさせます。
  緊迫した場面では、「おや?」と一瞬思わせてガウガウを防ぐためにダキの口に放り込むことはありますが。

6)これは、たまたまランの中に駐車した時の事です。ランの中に駐車ってめずらしいです。
  他の犬と一緒に車に乗るのがダメというわけでは全くなくて、
  ランの中で帰り支度をするのに車を開けたら、疲れ切ったダキが車に入りたいと私の足下でオスワリして待ってた時、
  ランを楽しく走っていたコがウチの車が開いてるのにたまたま気付いて、楽しそうだから飛び乗っちゃおう♪としたとところ
  ガウったという、めったにないシチュエーションです。
  が、休み場所にも執着があることが発覚した1シーンでした。

  ランでは抱っこされたくないダキなので
  とっても疲れたら、私の抱っこ以外のどこか落ち着ける場所を守ろうとしたのだと思います。
  そうなると、対応もなにも、もう帰ってあげた方がいいですね。

ちなみにガウガウしてしまったら、1)〜6)どのパターンでも引きはがして場所を変えます。





この記事はメモ代わりです・・・
ガウってる時に写真を撮る余裕はないので、今回は写真なしです。

ガウガウしはじめたのが2歳前くらいから。
『ダキがガウガウを全くしない犬になってくれたらどんなに楽だか』と夢見たこともありますが、
でも
出来もしない事を望むよりは

ガウガウしそうになる状況やタイミングを私がうまく察知して、未然に防げるようになりたいと思うようになりました。
未然をくリ返す事が、捕まえて叱ることよりもどうやらダキには効果があるみたいなんです。
そんなかんじで、ちょっとだけ、心配事が減りつつあります。


ガンバってまーす!
とは言え、思いっきり噛んでしまって怪我をさせたりってことはなくとも
歯や爪が当たって怪我をさせてしまう事があるかとは思います。
威嚇ガウガウばかりじゃなくて、ガウガウと楽しく遊んだ結果ってこともありますけどね。

そんな時にはどうか遠慮なくおっしゃって下さいね。


明日(か明後日)にはオフ会の様子などをアップしま〜す♪


posted by シズ at 20:30| Comment(2) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これだけシズさんがダキ君の事分かってたら
それだけで十分な気がします。
「テリアだから気がきつい」とは言いたくはないですが、
でも犬種の作出目的などを考えても、そういう事も多少は
関係あるかもしれないので、完全にガウガウを直すのではなく、
それを飼い主が未然に防いであげれば、それでOKな気がします。
何かを守ろうとする行動もある意味個性だと、私は思うので、
それを上手く飼い主がコントロール出来れば、問題も起きにくくなと思うし。

結構ガウガウするのに、飼い主がまったく気にしていない場合も
多々見かけますが、みんながもっと自分ちのワンコの事
色々観察して、上手くコントロール出来ればなぁと思います。

もちろん私も含めて、です。

Posted by キャメリーナ at 2010年12月07日 22:09
●キャメリーナさん

ダキって犬に対してだけは、ほんとに困るほど気が強いんですよね〜。
あらゆる場面で怖がってますけど、ノーリードの時のダキは、
犬に対して怖がる様子を見せた事がありません。
自分のスペース、自分の物、強気に積極的に守ります。
テリア気質と、ダキの強い性質でしょうねぇ。

私はかなりユルい性格なので
もっと敏感に察知してあげたいなって思います。
直前の察知はまだまだですが、ガウってなる理由はわかってきました。
ガウりそうな場面を事前に完全に察知できるようになるまで
あと一歩です♪(あと二歩かな・・・)
ひどくガウガウなコというわけではないですし、悲観的にならずに前向きに・・・
周りのワンコや飼い主さんのためにもそうならないといけませんね。



同じような悩みを持つ飼い主さんへ
問題は飼い主の観察と行動によって改善できます!そう信じています。頑張りましょうね〜。
Posted by シズ at 2010年12月08日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。